神撃の黄龍館 イベント,空手,薩摩琵琶,音楽 【名古屋】タノシキモノ市反省会!

【名古屋】タノシキモノ市反省会!


こんにちは!森本炻舟です!!
2019年11月30日、12月1日に
トウキョウジョウさん主催で開催された
『タノシキモノ市』の反省会を
先日名古屋で開きましたー(*^▽^*)




撮影はkaelさん★




参加者は
三味線kaelさん
三味線大林さん
スタジオbloomさん
着物ごっこゆんたさん
飾屋さん
黄龍館 森本淳
薩摩琵琶 磨姫子嬢
の7人!

kaelさんが招集した人全員参加!
この年の瀬に驚異の出席率(笑)
やはり皆さん忙しいようで
反省会の後、予定があるそうです(*‘∀‘)

反省会というか、ほぼほぼ忘年会みたいになるのでは?(笑)
という思惑道理、皆で持ち寄り、ワイワイ楽しくやりました(*^▽^*)




改めて見るとお酒のおつまみばっかり(笑)




スイーツ好きの私はロールケーキを
多めに頂き至福の時間を過ごしてました(*´ω`)




ロールケーキは飾屋さんの持ち込み💛美味しかったー!




しかし、一応は反省会。
最後は今後のイベントに向けて
今回の反省や改善点をしっかりと話し合うことが出来ました!
次回イベントはパワーアップ間違いないですね!




さて!!
今回我々は琉球空手の武器術「サイ」×薩摩琵琶のコラボ、
そして三味線奏でる音色の中、古流剣術演武をさせて頂きました。

本来座って演奏する薩摩琵琶を
琵琶専用ストラップ(双山スラップ)を使用しての立奏したり、




今年も磨姫子嬢の衣装提供はトウキョウジョウさん、ヘアアレンジはdaidaiさん★




三味線と薩摩琵琶がコラボしたり、




あ、目が合いましたね!(笑)




薩摩琵琶の撥について説明させていただいたり。
撥の説明では、薩摩琵琶の撥が大きく発達した理由を
殿にもお手伝いして頂き皆さんに説明させて頂きました。
※武士が琵琶を演奏中に丸腰になるため、
奇襲を受けても攻撃を受けれるように
撥が大きく発達した話は後付けでできた話ですよ(*‘∀‘)




殿のインパクトが強い(笑)




空手の演武の方では、
空手発祥の地である琉球(沖縄)の空手が
日本に伝わり今や世界のKarate になる歴史トークをしたり、




話、長くなっちゃった(笑)




今私が習っている長野流兵法の剣術を披露したり、




柱とだだかぶり(笑)




着物女子👘が集うイベントですので、
琉球空手の型を使った護身術ミニワークショップや
琉球古武術(武器術)の使い方講座も合わせて行いました!




サイについて説明中。




少しでも琉球空手を知ってもらい、来られた方々の
役に立てればと思い出演させていただきました。

多くのお客様が来られ大盛況のイベントでした!!
二日目最後はしゃちほこまで!!!

出展者さんや出演者、主催者までもが、
楽しく盛り上がるイベントに参加出来たことを
大変嬉しく思います!
沢山のご縁を感じる2日間でした‼️✨
次のイベントは 更に喜ばれるコラボ演武が出来るように努力していきます!✌️😁🇯🇵




※空手の原点である[琉球空手]と[琉球古武術(武器術)]は
本来競技の為に作られたのではなく、身を守る術として
発展したという経緯があります。

※型は本来、琉球(沖縄)では見せる為ではなく、
武術体としての体の使い方を学び、実際の使い方を訓練するために
必要になる重要な稽古です。

※薩摩琵琶という楽器は日新公(zishinkõ)という
薩摩藩(鹿児島)のお殿様が薩摩武士道を奨励するために
作られた特別な楽器であります。
薩摩では郷中(Gojyu)教育という強固な薩摩武士を育てるシステムがあり、
そこで薬丸自顕流(Yakumaru Jigen ryu )剣術・薩摩琵琶・天笛(竹の笛)を修練していました。




森本 炻舟

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post

【自伝①】ガリガリもやし君だった私が、空手をはじめるまで【自伝①】ガリガリもやし君だった私が、空手をはじめるまで

こんにちは、森本炻舟です。唐突ですが実は私、空手を始める前までは171cm、55kg、ガリガリのもやし君で、非常に気も弱く、虚弱体質でした。(後に潰瘍性大腸炎を発症しますが、また別の機会に)今の体重よりも約10kgも違い […]

黄龍館代表挨拶黄龍館代表挨拶

はじめに  初めまして、琉球空手 黄龍館代表 森本淳こと森本炻舟です。 我々黄龍館は、愛知県の焼き物で有名な常滑で主に子供たちに空手を教えている道場です。沖縄空手三大流派 小林流がベースですが、剛柔流・上地流も研究してい […]